福祉車両をリースするメリット

福祉車両ですが、リースの他に購入という選択肢ももちろんあります。どちらも一長一短あるのですが、購入と比較してどのようなメリットがあるのかを考えてみます。おそらく最も大きいのは、資金面、税金面でしょう。福祉車両を購入する場合は基本的にはそれだけの資金を自分で用意しなければなりません。

それに対して、リースの場合は毎月一定額の支払いで済むということになり、初期費用の面で大きな差が生じます。つまり、その分の資金を運転資金として福祉車両以外の別のところに回すことができます。ただし、もちろん購入の場合でも当然ながらローンを組むという手段はあります。従って、どんなケースでも購入のほうが初期費用を多く用意しなければならないというのは当てはまらないかもしれません。

こうなってくると、ローンの支払いが終了すれば自分のものになる購入と、永久に支払いを続けなければならないリースでは購入のほうに軍配が上がるかもしれません。しかし、事はそう簡単な話ではありません。購入の場合は、その時点で自分の資産になります。一方でリースの場合はそうではありません。

従って、税金面で違いが生じてきます。簡単に言うと、自分の資産として課税されるか、あるいは必要経費として算入でき、税金面ではむしろ節税効果があるかの違いとなり、プラスとマイナスですからその差は無視できないものになります。このようなことから、リースについても十分検討してみる余地があると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です