福祉車両をリースするメリット

介護保険を利用している方は、デイサービスに通ったりするために送り迎えをしもらうことがありますが、このときに使用される福祉車両というものは、介護事業者がみずから所有している場合もあれば、リースしている場合もあります。まず、介護事業者は利用者を送り迎えするというサービスを実施していることがほとんどですから、福祉車両を用意することは避けて通れないことです。つまり、少なからずコストがかかることになるわけですが、介護事業者が自分で福祉車両を購入するよりも、リースを利用すれば、コスト削減になるということがわかります。と言いますのも、福祉車両を介護事業者がみずから購入した場合、購入金額というコストがかかるだけではなく、自動車の任意保険などの保険料もかかってしまう計算になるからです。

それとは違ってリースを利用した場合ですと、まず車両の代金はかかりませんし、保険料もかかりませんので、大幅にコストを減らせることになります。つまり、介護事業者はリース代金だけで福祉車両を使用することができるわけです。このように、さまざまな方法でコスト削減につなげる手段があるわけですが、介護サービスの利用者を送り迎えするための車両をリースすることによって、経費が削減できますので、現在車両を自社で所有している介護事業者の方は、借りるということも選択肢のひとつに入れておくことをおすすめします。いずれにしてもコスト削減になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です