個人としての福祉車両のリース

by:

レンタカー名古屋自動車関連

福祉車両のような特別な車両というのは、一般的なカーディーラーのショールームでは取り扱っておらず、それぞれの都道府県に数店舗ある程度の、福祉車両専門のカーディーラーで現物をみせてもらうというのが一般的となっています。しかし、実物をみることができたとしても、装備の分だけ価格的にも高く、なかなか個人で気軽に購入するというわけにはいかないところがあります。日常的にはそれほど利用せず、ときどき利用するだけという程度であれば、福祉車両のレンタカーを依頼するという方法もありますが、もしも通勤や通院などで日常的に利用するという場合には、このような方法はあまりふさわしくありません。この場合、福祉車両をそのまま無理をして一括現金で購入するのではなく、たとえばカーリース制度を利用するという方法があります。

カーリースというのは、どちらかといえば会社や事業所などの法人名義というのが多いようですが、個人で利用することも不可能ではありません。カーリースであれば、実質的には個人で購入したのとほぼ変わらないような使い勝手であるうえに、代金は毎月一定の金額だけを支払えばよいということになりますので、かなり経済的な負担感を緩和することにもつながるはずです。ただし、やはり福祉車両である以上は、取り扱いをしている業者が限られている可能性がありますので、インターネットなどで適切に情報を収集してから問い合わせをするのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です