リースできる福祉車両の車種

福祉車両に関しては、一般の個人であっても、また法人であっても、一定の審査を通過かることができれば、リース契約によって取得をすることが可能です。福祉車両というのは、身体に障害がある人などの利用を想定した特別な装備を組んでいるものですので、ふつうの乗用自動車よりも、価格的にかなり高額になっています。そのため、一括現金で購入するというのは、なかなかハードルが高いものですが、リース契約方式を導入すれば、実際には購入したのと同じ程度の利便性を享受することができますし、しかも、料金の支払いは毎月単位の少額ですませることができるようになりますので、一度に大金を負担する必要がなくなります。こうしたリースができる福祉車両の車種ですが、基本的には契約をする当人の意向にそったものを選ぶことができますので、障害の程度や利用目的にあわせて選べばよいということになります。

一般的には、車いすに乗車したままで、サイドやリヤのドアから車内に乗入れができるタイプのものですが、これには電動のリフトを介助者が操作をして、車いすごと持ち上げるものと、スロープを付けて介助者が車いすを後ろから押し上げるものの、両方があります。また、そこまでの装備ではなくても、助手席や後部座席が回転したり、レバーを操作すれば車外に飛び出したりして、乗り降りがスムーズになるといったしくみが付いているもののもあり、こちらは外見上はふつうの乗用車とそれほど変わりがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です