リースで福祉車両を調達するメリット

要介護者を施設へ送迎するには福祉車両が必要です。車椅子から乗せ換える場合には、シートが移動して楽に乗り込めるようになった車両を用います。またスロープや電動リフトが装備され、車椅子をそのまま載せられるタイプの福祉車両もあります。いずれにせよ通常の自動車にプラスアルファが要求され、それだけ価格も高額になります。

要介護者の状態によって使い分ける場合には、複数の車両が必要になることもあります。介護事業を始めるとき、こうした福祉車両の購入費は大きな負担になります。中古車であれば費用は安くできますが、安全基準に不安があったり、助成金を活用できないなどのデメリットもあります。大きな資金をかけずに福祉車両を導入するには、リースを利用するという方法もあります。

リースであれば一時に多額の出費を必要とせず、月々の支払で利用可能になります。これは資金計画が立てやすいこと以外にも、リース料を全額損金に算入できるため、税金面でもメリットがあります。また資産に計上して減価償却するといった、会計上の手間も不要になり、事務コストの節約に繋がります。さらに車検や定期点検など、メンテナンスの手間も省けます。

リース料は車種はもちろん、走行距離やメンテナンスの内容によっても変動します。またリースの前には与信審査があり、その結果によっては料金が上がってしまうこともあります。そのため契約内容は事前によく確認しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です