福祉車両のリースについて

介護付有料老人ホームでは、当然ながら、介護が必要なお年寄りの方が住んでいるところです。そのため、そういった方々の移動のためにも、福祉車両の充実は欠かせません。しかし、福祉車両は消費税がかからないように国が定めているものの、車いすを格納するための場所、介護される人を車に乗せるために動く座席、そういう特別な機能が備わっているために、普通の車両よりも価格が高くなっていることが一般的です。そのため、福祉車両を何台も購入することは、大きな費用負担となります。

そこで、検討材料となるのが、リースです。福祉車両のリースを専門に扱う、オートガレージ122というサイトを見てみると良いでしょう。介護付有料老人ホームを新しく始めようとしたとき、初期投資で必要になるのは、車だけではありません。まず土地を買わないといけませんし、建物も当然ながら全てバリアフリーにしなければならず、2階、3階とあるようなところであれば、エレベーターも必須です。

車いすの購入も必要ですし、食事や掃除洗濯、身の回りの世話を担うスタッフの雇用、研修も含まれてきます。これだけで莫大な投資となります。そのため、福祉車両のリースが注目されているのです。オートガレージ122で扱っている車両は、リースにかかる月々の費用をなるべく低く抑えられており、気軽に利用しやすくなっています。

リースといえば、古い車のイメージがありますが、ここは最新の車両も扱っていますので、最新の機能が使用できます。名古屋のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です