イベント車両をラッピングするなら

カーラッピングは、イベント車両をはじめ、カスタムカーやショップデモカーなど、幅広い用途に用いられています。カーラッピングを施工するには、用途に応じたフィルムの選択と、施工に関する適切な知識とスキルが必要になります。それ故、実績のある専門店に依頼することが大事になってきます。それには、ネットなどの口コミを参照して、ユーザーと施工スタッフが直接打ち合わせを行なう店舗を選ぶのが良いと言えます。

信頼性の高い店舗では、店頭にフィルムサンプルを用意しており、ユーザーが自由に選べるようになっています。特に、フルラッピングはクルマ全体を包むように施工するので、素材選びが重要となります。イベント車両の施工実績が豊富なスタッフなら、適切な素材を選んでくれます。フルラッピングは、最高峰のスキルを必要とするので、熟練したスタッフがいる店舗に依頼するのが安心です。

信頼性の高い店舗では、金属調のブラッシュドフィルムや本物調のカーボンフィルム、そして塗装では現せないマットフィルムなど、希望に応じて対応してもらえます。また、デザインに関しても、既成のものからオリジナルのものまで、自由に対処してもらえるのもメリットです。一方、パーツラッピングは、イベント車両のボンネットやルーフ部分などの施工に適しており、リアガラスにも対応しています。カーボン調フィルムやシースルーフィルムなどが人気で、部分装飾の定番素材となっています。

その他、インクジェットフィルムでは、オリジナルデザインを施すことも可能になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です