イベント車のラッピングは自分でやるとお得

by:

レンタカー名古屋自動車関連

さまざまな環境で用いられる「宣伝」を目的として使用される車両、または「看板」として使用される車両などを総合して「イベント車」などと呼びます。イベント車には、「目立つこと」が求められるため、奇抜な色やデザインが選択されます。ただ、イベントごとに必要な広告内容などが変化することもあるため、「手軽にデザインを変更できる環境」を構築しておくと効率的です。通常、車のカラーやデザインを変更するためには「塗装」を施します。

全体的なカラーリングチェンジを行うことを「オールペイント(オールペン)」などと呼びますが、一般的な車両の場合は数十万円の費用が掛かります。これを頻繁に行った場合のコストははかり知れません。ところが、「ラッピング」という手法を用いてデザイン変更を行う場合には、イベント車丸ごとでも数万円程度に抑えることが可能です。塗装と違ってラッピングは「シールを張るだけ」で済むので、シール代だけのコストで賄うことができます。

また、シールなのではがしてしまえば元通りになる手軽さも魅力の一つです。ラッピングは、専門業者に依頼して行う方法もありますが、必ずしも仕上がりに大きな違いが出るとは限りません。塗装の場合は素人とプロの差が大きく出てしまいやすいですが、シールを貼るだけのラッピングならば誰が行ってもそう大きな違いは出ません。何よりも、「失敗してもやり直しがきく」という点も非常に大きな魅力といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です