福祉車両はレンタルして使うこともできます

福祉車両、近年ではよく見かけるようになりました。一般的な車になりつつあると言っても過言ではありません。しかし、案外知られていない面もあります。また、必要とされる方ご自身やご家族が購入するとなったら、自治体の助成金などはあるものの、費用の面などから、まだ敷居が高いと感じる方も多いのが現状でしょう。

だからといって福祉タクシーを頻繁に利用すれば、やはり費用がかさみます。そこで、21世紀の日本で欠かせない乗りものとなりつつある福祉車両について、1度考えてみましょう。福祉車両とは、障害や加齢などの理由によって、身体が不自由になられた方にとって、運転がしやすい、乗り降りがしやすい、といった特徴を持った車のことです。この特徴を持つ車は、必ずしも身体に障害を持たれた方やご高齢の方だけのためのものではなく、多くの方々にとっても、実は利用しやすい車だと言うこともできます。

最もよく見かけるタイプの車は、福祉施設などの送り迎えに使われている、車椅子に乗った方を後部からそのまま乗り降りできるようにした車ではないかと思われます。でも実際の車の数々は、タイプも様々です。大きく分ければ、自走式あるいは自操式と呼ばれる、身体が不自由な方自らが運転できる車と、運転する方は別にいて、乗り降りしやすくなっている車とがあります。前者の自走式と呼ばれる車は、運転席などが乗り降りしやすいだけでなく、運転するための補助装置がついていることが大きな特徴です。

具体的な装置としては、左右アクセル装置や手動運転装置などが挙げられます。また、電動3輪車、電動4輪車もあります。こちらも街中で見かけることが多くなった車です。これらは車とは言うものの、実際には歩行者扱いの乗りものです。

当然免許なども必要ありません。これに対し後者の車は、車椅子に乗られた方が、そのままの状態で乗り降りできるタイプの車や、あるいは身体の不自由な方が乗り降りしやすいよう、シートが回転するタイプの車などがあります。実はこれらの便利な福祉車両はレンタルも可能です。ご購入を考えている方の場合、レンタルでお試しになるのもおすすめです。

レンタカー会社や自動車メーカーでレンタルできます。また、電動カートとも呼ばれる電動3輪・4輪車の場合には、介護保険が適用されます。これからますます需要が増すと思われる福祉車両です。レンタルなども活用して上手に賢く乗りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です