福祉車両をレンタルするには

身体の不自由な人や高齢者の方々が通院などで外出する際や旅行などの際に車椅子で乗り込むことのできる福祉車両のレンタルが出来るレンタカー会社が増えてきています。福祉車両には車椅子仕様車として車椅子昇降装置が装備されており、車椅子も固定出来るようになっているため、そのまま乗ってそのまま降りられるという便利な仕様となっています。車椅子を固定出来ないタイプではシートに移り、シートが昇降するタイプになっているので、利用する人の状態によってレンタルする車両のタイプを決めると快適に利用することが出来ます。料金に関しては利用する車両と利用時間で決まります。

それぞれ定員も決まっていますので、移動時に同乗する人数なども考慮してレンタルすることが必要です。他にも福祉車両としてレンタル出来るものに訪問入浴車があります。これは自宅の風呂では入浴出来ない人に在宅で入浴を可能にするものですが、介護保険制度の在宅サービスの訪問入浴で使用する車両です。いずれの福祉車両でもまずは電話で問い合わせてみる必要があります。

それは障害の程度や利用する車両の選択など、相談して初めて分かることも多く、利用者に適した車両を配車してもらうためです。最近では福祉車両のレンタルを利用する人も多くなっており、配車出来る台数も限られているため、利用を考えたときには早めに予約をすることが重要です。積極的に外に出るためにも通院のためにも利用していきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です