福祉車両をレンタルで借りるメリット

福祉車両は、主に福祉を目的として使用される車のことで、具体的には体の不自由な人が乗り降りしやすいように改造された車両を指します。その用途は主に福祉施設や介護施設、また介護タクシーなどがその送迎用途として使っていますが、個人でも購入することは可能で家内の体の不自由な人を車に乗せるために使用しているケースもあります。乗り降りをしやすくする仕組みはさまざまで、座席が座ったまま回転するタイプや、座席が車外にまでせり出すものなど、また後部座席を取り払って車椅子ごと車内に入れるものなどがあります。福祉車両はメリットとしては、やはり体の不自由な人が乗り降りしやすいということで、乗り降りの不自由さを解消することで介助する人の負担を減らすことができます。

福祉車両は、購入することもできますが、室内を改造する必要があるため費用は車体費用にプラスして高めとなります。継続的に利用するのであれば購入という選択肢もありますが、それほど利用しないのであればレンタルという手段もあります。レンタルは、福祉車両を専門に扱う業者の他にも、レンタカーでもレンタルしてくれます。家庭で使う場合には、専門の業者から借りる方が選択肢も増えますし、レンタルのほかリースという選択肢もあります。

一方で旅行や数日間だけ必要といった場合にはレンタカー会社からかりる方が手続きも少なく、通常のレンタカーを借りるのと同様に特典が付いてくるケースもあります。名古屋のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です