福祉車両をレンタルするときはどんなとき?

福祉車両をレンタルする必要があるときは、どんなときでしょうか?それは例えば、車いすに乗っている人が、病院や施設などへ移動するときです。タクシーや自家用車では車いすを載せることが難しい場合でも、福祉車両なら車いすごと乗り込むことができます。車いすに乗っている人が、車いすから降りる必要がないので、介助する人、介護される人双方の負担が軽くなります。また車いすに乗っている人が遠出をしたい、どこか旅行に行きたいという場合にも福祉車両が役立ちます。

高齢者や体にハンデキャップのある人でも乗り降りが楽にできる福祉車両をレンタルすれば、遠出が楽しくなります。車のレンタカー会社にはさまざまな福祉車両が用意してあります。車いすに便利な車いす仕様車、後ろの席やセカンドシートが電動で回転し、車外へスムーズに降りることができる再度リフトアップシート車、レバー操作で後ろの席が回転するサイドリフトアップシート車など。また助手席がスライド回転する助手席スライド回転シード者やシートの高さを調節することができる助手席リフトアップシード車もあります。

各レンタカー会社や、事業所によっておいてある車種やレンタルできる車両が異なるので、借りたい場合は早めに車のレンタル会社に問い合わせてみることをおすすめします。身体障害者手帳や療育手帳などがあると基本料金が割引になるレンタカー会社もあるので、予約の際に確認してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です