会社で内線電話を利用している方は多いと思います。その環境の多くはオフィス内にPBXという装置を設置しています。このPBXは外線を内線電話につなげたり、内線同士で通話できる環境を提供するのが役割です。この装置は拠点ごとに設置する必要があります。

拠点が多くなれば、装置の購入費用も増大していきます。また、回線の増減や装置のメンテナンスなども必要です。ネットワークの知識をもつ従業員がいれば良いのですが、そうでない場合は外部委託し、さらにコストがかかってしまいます。このような問題を解決するのがクラウドPBXです。

クラウドPBXはその名の通り、PBXとしての機能は提供されます。しかし、装置を購入する必要はありません。インターネット接続できる環境さえあれば、PBXとしてのサービスを受けることができます。装置がなくなるため、それに関わるメンテナンス作業も不要となります。

回線の増減もブラウザから簡単に設定することが可能です。クラウドPBXは数多くの会社で導入されています。コスト削減となることが導入されている最大の理由であると言えます。機器の購入費用の削減だけでも拠点数の多い会社にとっては魅力的です。

加えてメンテナンスに関わるコストも削減できるのです。興味がある方は一度クラウドPBXについての導入を検討することをおすすめします。数多くの会社がサービス提供していますので、いくつかの会社に詳しい話しを聞いてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です