ある程度の規模の事業所であれば、社内に構内交換機を設置して内線電話を使用するケースが少なくありません。これに対して小規模な会社や個人事業主の場合は、コストの問題で内線電話を設置することができません。インターネット上のサービスであるクラウドPBXを利用すれば、従業員数が数名程度の零細企業でも低コストで内線電話が導入できるというメリットがあります。クラウドPBXはインターネット上のサーバーに仮想の構内交換機が設けられていて、オンライン環境であれば専用のアプリを利用して内線電話(音声通話サービス)が利用できます。

内線使用時には通話料が課金されず、使用する回線数(アカウント数)に応じた基本料金を支払うだけで済みます。新たに交換機を購入・レンタルしたり工事をする必要がなく、電話機に接続するモデムをつなぐだけなので初期費用はかなり少なくて済みます。このため、自営業や数人規模の小規模な会社でもインターネット環境があれば手軽に内線電話を設置することができます。クラウドPBXの中にはスマホ用のアプリを用意している会社もあるので、個人用のスマートフォンを内線電話として使用することも可能です。

クラウドPBXのサーバーを経由して外線電話をかけることも可能ですが、通話料が発生します。ただしインターネット回線を利用するので通話料は一般の電話料金と比べて低く設定されており、1分あたり数円~十数円程度です。このため、クラウドPBXを活用することで外線電話の通話料金も節約することができるというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です