クラウドPBXは電話交換機の事ですが、従来型の事業所に設置するタイプとは違ってクラウド上にPBXが用意されているものです。規模の大きな事業所ではかかってきた、外線や内線を関係する部署や特定の担当者に転送する必要が出てきます。これらを処理できるシステムをクラウドPBXを選ぶことで低コストで使用する事ができます。従来型のPBXと比べた時にクラウド型を使用した時のメリットとして挙げられるのは、まずコストが安いという点です。

初期費用も低く済みますが、従来型だと事業所に設置するので設定の変更や回線の増減をする時に業者に来てもらわないといけません。その分だけコストがかかりますが、クラウド型ならばメンテナンス費用も安く済みます。クラウド型はインターネット環境があればどこでも使えるので、場所を問わずに使用できます。申し込みからの利用開始も従来型よりも早いので、素早く導入する事が可能です。

機能面でも優れているので、自由に必要な機能を使う事が可能です。クラウドPBXのデメリットの部分はネット環境があれば使えるものの、通信環境によっては不安定になってしまいます。停電になった時も電話ができなくなるので、使用している場所が停電になると弱い点もデメリットです。110番や119番といった特殊番号にもかけられません。

メリットとデメリットがありますが導入する事で業務の効率化に繋げられるので、事業所のニーズに合わせて導入する事で大きな効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です