クラウドPBXは自社でPBXを持たずに社内の様々な電話機能を実現できる非常に便利なものとなっており、PBXの導入コストを軽減させることができる方法と注目されています。しかしその実現方法には様々なものがあり、最近では企業ネットワークを導入しているところが非常に増えていることから、このネットワークを効率的に利用して電話機能を実現できるIP型のクラウドPBXも人気を集めているのが実態です。IP型のクラウドPBXはIP電話をビジネスで利用することができるようにした画期的なものであり、既存の社内のIPネットワークを利用することができるので新たに電話線を敷設する必要がありません。そのためこの電話線に関するコストも削減することができ、非常に効率的に社内電話を実現することができるのも特徴となっています。

ただしクラウドPBXを利用する場合には、クラウドシステムを外部から接続するための手段を確保しなければならず、一般的な場合には専用の回線を接続してこれを利用する形となります。IP型の場合にはこの接続の回線にインターネット接続を利用することができ、この点でもコストを削減することができることになりますが、このインターネット接続を利用する際には様々な問題が生じることも意識しておかなければなりません。インターネット接続は非常に回線帯域が不安定なことや、データ通信の状況によって影響受けることも意識することが重要です。クラウドPBXを利用する場合には、このような技術的な部分にも十分に注意をし、社内での利用が可能であることを確認した上で選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です