従来のPBXの機能をクラウド上で行うクラウドPBXには、様々なメリットがあります。まず利便性の向上です。外回りの営業が多い社員は会社から支給されたスマートフォンを持つ必要がなくなり、取引先から会社にかかってきた電話をそのまま受けられます。そのためオフィスに帰社する手間が省け、取引先とすぐに話すことができます。

しかもオフィスで電話を受けた人も、内線で取り次げるため転送のストレスがありません。またクラウドPBXは、事業継続計画の面からもメリットがあります。災害発生時でも、サービス運営会社に復旧作業を任せられるからです。もちろん、通話料や端末費用といったコストを削減することもできます。

さらにWEB電話帳などのアプリと連携すれば、より自由に利用することができますし、発着信データを顧客管理システムと連携させれば、営業活動の可視化も可能となります。そしてクラウドPBXの導入事例として真っ先に挙げられるのが、コールセンターです。新規だけでなく、トラブル対応などの暫定的なコールセンターも簡単に立ち上げられます。複数の回線を組み合わせることができるので、固定電話・フリーダイヤル・ナビダイヤルなどにも対応可能です。

特にクレーム処理やリコールの場合は、電話がつながらないと状況をさらに悪化させてしまうため、クラウドPBXの導入は必須です。新型コロナウイルスの影響で、リモートワークも一般化しつつあるので、クラウドPBXの重要度はますます高まってくるといえます。クラウドPBXのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です